安全・安心でおいしい,SPF豚協会認定(養豚)農場/豚肉ブランドの有限会社下山農場

農場のご案内

徹底した防疫コントロール

当農場は、日本SPF豚協会の認定基準により、フェンスなどで外部から遮断し、部外者の立ち入りを厳しく制限しております。

飼育管理者は、シャワーで体を清め、専用衣服を着用してから作業を行い、農場内に持ち込まれる物品は、消毒を行います。

第1農場(旭市岩井)

  • 母豚350頭繁殖農場。
  • グループシステム(スリーセブン)を採用して、病気のコントロールをしやすくしております。
  • 授乳日数を通常より長く設定し、病気の発生率を下げております。
  • せまい豚房に閉じ込めず、大群飼育をすることにより、広々とした空間をつくり、ストレスの軽減を図っております。
  • 外部コンサルサントによる定期的な指導を受けております。

広い農場内ですくすく育ちます

妊娠している母豚たちです

第2農場(旭市岩井)

  • 第2農場は、ただ今生産を停止しております。

第3農場(旭市三川)

  • 3,000頭肥育農場。
  • 土着菌方式により、床材はリサイクルされて、外部へ出す堆肥・においはごく少量です。
  • 一群500頭の大群飼育を行っております。
  • 生木のチップに腐葉土の菌をからませ、限りなく野山に近い環境を整え、ストレスの少ない環境を作り上げております。
  • せまい豚房に閉じ込めず、大群飼育をすることにより、広々とした空間をつくり、ストレスの軽減を図っております。
  • 外部コンサルサントによる定期的な指導を受けております。
  • 三川農場外観

エサを食べる場所です

自動的に体重を測定しています

動画で見る下山農場

下山農場動画

コピーライト